頭痛ーるって知ってます?

頭痛ーるというサイト(及びアプリ)を
ご存じですか? https://zutool.jp/

その前にそもそも 気象病ってご存知でしょうか?

気圧や湿度、気温等の変化によって
頭痛、鼻づまり、喘息、倦怠感、イライラなどの症状が出ます。

ちゃんと科学的に認められている症状らしいのですが
お天気で体調が変わるなんて信じられない人も多く
患っている人でさえ、それに気づかず
体調を崩すたびに内科へ行って「どこも悪くないですよ」って医者に言われて納得できずに帰ることを何度も繰り返しているようで。

実はピエールの嫁ちゃんコピーヌも、この気象病患者だったんです。
たとえば明日は雨が降る、、なんて日の夕方は
ほぼ喘息が出て苦しそうにしていました。
テレビで「気圧がさがると体調が崩れる人がいる」
と放送していたのを視て 当てはまる!となり、、

この頭痛ーる(ずつうる)というアプリにたどり着いたのです。

このアプリ
1時間おきに気圧がどう変化するか
1週間先までグラフ化されていて
気圧がガクンと下がる3時間の幅を
「注意」とか「危険」などと教えてくれます。
画像の説明

コピーヌさんが突然体調を崩して、その原因がわからない時にアプリを見ると見事なほど
この「注意」「危険」な数時間に収まっていました。
これは符号するなんていうレベルではなく
コピーヌさんの体調不良の原因が
「気圧が下降中である」ということなのだとはっきり教えてくれました。(「気圧が低い」ではないことに注意)

本当にありがたい!!
今までまさか天気に左右されているなんて思ってもいなかったのに、気圧が原因なのだとはっきりわかったからなのです。
嫁ちゃんが苦しんでいてもこのアプリを見れば
あと何時間我慢すれば楽になるか
まだまだ気圧がさがりそうだから薬を飲もうかなどと
「対処」を見つけられるからです。

無意識に気圧に対応できてしまう僕のような普通の人には、天気が悪いと体調が崩れる人なんて単に「やる気がない」と感じてしまっていました。ヒドイ夫ざます。

もしも同様に「お天気が崩れると体がキツイ」と感じている方はひょっとしたら気象病かもしれません。一度気圧が下がる時間帯と比べてみてください。

楽になれるかもしれません。

今すぐクリック

コメント


認証コード6571

コメントは管理者の承認後に表示されます。